カテゴリー 790 娯楽

われ敗れたり : 第2回将棋電王戦

将棋電王戦、先々週から見てた。
将棋に関しては動かし方が分かるという程度でしかないけれど、現役のトッププロがコンピュータに為す術もなく負けてしまう衝撃は感じ取れた。
GPS将棋は強すぎる。(GPSの評価値いわく)一手指し違えれば劣勢という局面の連続で全くミスなく指し繋げるのが凄い。それに対してプロ棋士の指し方は広く受けるような筋が多いように見えた。そうしているうちにちょっとずつ損を重ねていったような感じである(あくまでGPSの評価値いわく)。なるほど三浦八段の指し方はもちろん、人間相手なら最善だろう。
PC670台という下駄はあるけれども、ムーアの法則的に考えてlog2(670)/1.5=6~7年もあればPC1台で同等のレベルに達するのは間違いない。とはいえ全局面を読むことは決してできないので、単なる力業ではなく優れたアルゴリズムが実力に大きく寄与しているのも事実。人間と人間の戦いとはそういうことなのだろう。

これだけ手を読んでも人間が対抗しうるレベルを超えないので、最終的には脳神経の模倣と機械的探索の協調が必要になってくるんじゃないだろうか。人間と機械が競い合える時代の終わりはもう眼前に控えている。たまたまこういう瞬間に立ち会えたのは幸運なことだ。


架空世界における盤上遊戯について考えることがある。
チャトランガ式のゲームは派生系を作りやすいのだが、単に盤面の大きさと駒の動きを弄ったというのではいかにも安易な感じがする。かといってルールを付け加えてゲーム性を複雑にするやり方も創作性という意味で不満が残る(それでもアルカのシェルトにおけるテームスのルールは独特で面白みがあると思う)。色々なゲームを考えている人というのはいるもので、フェアリーチェスの類は参考になる。
チャトランガに並立しうるようなシンプルな遊戯を考えたいが、そう考えると囲碁というゲームの見事さは畏れ入る。成立史がほとんど不明というのがこのゲームの単純さ(と古代からルールを変えず遊び続けられる奥深さ)を物語っている。


return top