環境理学 01 : 氷河期のレシピ

前に読んだ「気候文明史」に何度か参考文献として引かれていたので読んでみた。
古気候の分析手法とかには興味が湧かないけど、第3章は新生代氷河期の成り立ちについて少し詳しく書いてあって面白い。氷河期といっても一度に最寒期に突入するのではなく、段階を踏んで深刻化していく現象と理解できる。重要な寒冷化の原因はつぎのとおりである。

  1. 3700万年前の環南極海流の成立→南極氷床の形成
  2. 1500万年前のサモア海路の成立→南極氷床の成長が極限に達する
  3. 300万年前のパナマ陸橋の成立・ヒマラヤ山脈の上昇→北半球氷床の形成

特にサモア海路の成立によって極域の冷たく重い水が深層海流によって太平洋に行き渡るようになったことが全球的な寒冷化を引き起こしたらしい。


  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top