アーカイブ 2013年 5月

人工言語学研究会ミラー

さてどーしよ。
とりあえずミラーを作りました。
本家サーバより弱いので虐めないでくださいね。

人工言語学研究会ミラー
http://conlang.echo.jp/


もう一つの地球が見つかる日 02

7~8章では惑星が生命を維持できる条件について書いてあるので参考になりそう。
プレートテクトニクスとか考えないとだ。


もう一つの地球が見つかる日 01 : 系外惑星探査の最前線

系外惑星探査っていつの間にこんなに進んでたのか。本当は惑星探査じゃなく惑星そのものについて知りたかったんだが、この手のニュースを継続的に追ったりしない人間が発展史と当時の雰囲気を味わうのに丁度よかった。
系外惑星の大気組成や表面温度分布まで分かっていたり、直接(撮像)観測される段階まで来てるとは驚きだなあ。


環境理学 02 : 意見がバラバラじゃねーか

前書きにも「あえて記述内容の調整は行わなかった」みたいなことを書いてたけどここまでとは。
5,6,8章は、人為的な温暖化をとうに自明のものとして扱ってる記事と、温暖化人為説を真っ向から批判してる記事が完全に二分されててアレ。どういう哲学の上に成り立ってるんだこの本は。 
内容は…7章は人類史(特にオセアニア)を取り上げててまあまあ興味深かったかな。あんま気候と関連した考察がないのがやっぱり謎だけど。


魔法使いの夜 04 : 有珠山噴火

本編終わり!
番外編が長いらしいので後回しに。

続きを読む


環境理学 01 : 氷河期のレシピ

前に読んだ「気候文明史」に何度か参考文献として引かれていたので読んでみた。
古気候の分析手法とかには興味が湧かないけど、第3章は新生代氷河期の成り立ちについて少し詳しく書いてあって面白い。氷河期といっても一度に最寒期に突入するのではなく、段階を踏んで深刻化していく現象と理解できる。重要な寒冷化の原因はつぎのとおりである。

  1. 3700万年前の環南極海流の成立→南極氷床の形成
  2. 1500万年前のサモア海路の成立→南極氷床の成長が極限に達する
  3. 300万年前のパナマ陸橋の成立・ヒマラヤ山脈の上昇→北半球氷床の形成

特にサモア海路の成立によって極域の冷たく重い水が深層海流によって太平洋に行き渡るようになったことが全球的な寒冷化を引き起こしたらしい。


魔法使いの夜 03 : 本棚の上段埋まる

まだ半分ってこと?
意外と長いな。
それにしても有珠がやたらと微笑ましいぞ。


気候文明史 02 : 南北アメリカ大陸がギリギリ接触している意味

読了。
古代~近代にかけての気候変動を歴史と結びつけて律儀に追っている。日本史に絡む話題を多く取り入れているので、日本人としては親しみやすい。ヴァイキングのグリーンランドへの入植と流氷に閉ざされる中での困窮は、全球的な気温変化がひとつの居住域を完全に葬り去った顕著な事例だ。

表題――南北アメリカ大陸がギリギリ接触している意味――の心は、南北アメリカ大陸の接触でメキシコ湾流が生じ、暖流が北大西洋~北極圏に流れこむことによって高緯度の上空の湿度を増して北米大陸北部の氷床の成長を促したという話。些細に見える地形の違いにも「意味」があるものだと感心する。
こうして色々見ていると、ともすれば人類は今の地形だからこそ存在しうるという考えに陥りそうだが、実際には氷河期は過去にもさまざまな条件下で起きているのである。架空世界は(見かけ上も)現実世界に似ていなければならない…と短絡する必要はない。原理さえつかめばよいのである。もちろん現実から離れるほど考察は難しくなるが。

ちなみに地球温暖化に関しては現在地球規模で温暖化が進行していることと人為起源の二酸化炭素が大気中に増加している(そして、二酸化炭素には温室効果がある)ことは事実である。最悪の事態は温室効果ガスの際限ない増加で、百年か千年かのうちにすべての氷床を融かし長い氷河期の幕を下ろしてしまうことであろう。
こういう想像を前にすると何が何でも二酸化炭素の排出を減らそうと思いたくなるのが人情だが、気候変動に関してはわからないことが多く、歴史的に見ればあらゆる気候変動は前触れなく急速に起こるし、人類が関わろうと関わるまいと気候変動は起こりうる。人類は気候の穏やかな現代は稀な時代であることを自覚し、何があっても対処できるように備えておくほうが賢明かもしれない。


魔法使いの夜 02 : 燃えゲーいいな

遊園地イベントなげえw
思ったよりだいぶ普通の燃えゲーしてる。いい意味で。
それにしても、奈須きのこってこんな支離滅裂な戦闘シーン描いたっけか。
直前の描写をあっさり反故にするのは流石に微妙である。

遊園地は演出が映える舞台だね。
特に遊園地に光が入るシーンがカンドウテキ。


魔法使いの夜 01 : ビジュアルノベルの到達点

演出の凝りように嘆声が絶えない。
大図書館の羊飼いもかなり立ち絵の使い方が多彩で驚いたが、こちらは格が違った。
間違いなく現時点でのビジュアルノベルの最高峰だ(比較になるのはminori作品ぐらいだろう)。
他のノベルゲームも、アニメーションのように一部に金をかけて中途半端な質のものを作るのではなく、このような静止画を最大限利用した見事な演出に労力を投じて欲しいものだ。

物語はまだ始まったばかり。
奈須きのこのテキストを懐かしむ程度。


return top